2019年八白中宮の年は土砂災害が多い

台風19号、21号…甚大な被害状況を耳にするたび、心が痛みます。

災害に合われた方々へ、心からお見舞い申し上げます。

さて、これを気学的に観ると、天象として自然災害が起きているのかもしれないな…ということも言えます。

なぜかというと2019年は「八白土星」が中宮、つまり世の中の中心だからです。

 

 

こちらは「遁甲盤」といって別名「方位盤」と呼ばれるもので、地球の曼陀羅とも言われています。

九星は人の気(人気)ですが、2019年の年盤は真ん中に「八白土星」が位置しています。

 

八白土星の象徴されるものは「山」。

従って、災害も含め、今年の世の中の自然現象は『山』の象意が現れやすくなります。

土砂崩れ、天候の変化、嵐、噴火、山火事など。

 

もっと言うと地殻変動、組織改革、変革、改革といういうように、人間界や生物界全体に八白土星の気が満ちています。『時代の転換期』とも言い換えることができます。

身の回りで、組織編制など基盤がガラリと変わる、或いは家族や親族問題が浮上する…なんて方も多いのでは。

今年2019年、そんな八白的な気(エネルギー)を感じて、内からも外からもそのリズムや運気に自然に乗れている方は、宇宙と調和している人ですね。「社会運勢学」を実体験している方です。

さて、毎年のテーマやミッションを実践したか否かで、次の年以降の運気が変わる、ということはご存知でしたか?人それぞれ『その年にすべきこと』、『テーマ』があります。

2019年、残り数カ月ですがまだ間に合います。

来年ではもう遅い、今年中にしておくべきことをきちんと確認して実践し、来年以降の命を最大限活かしましょう。
今年2019年のミッション振り返り講座も予定していますが、あなただけの解説も個人セッションさせていただいています。

気になる方はこちらぜひご覧ください


また、2020年の年運鑑定の個人セッションのご予約も1月20日以降、先着順で承っております。詳細はこちら