鬼門と気門 

 

 

先日、家相の相談がありました。

鬼門や裏鬼門の捉え方は様々ですが、門という所から良い気、悪い気が出入りする…そんなイメージを持つ方多いですね。

正しくは「遁甲盤」という方位盤で家の中心から観て八白の中心線を鬼門、二黒の中心線を裏鬼門と呼びます。

東北、南西…という解釈をする方がいますが、そうではなくその真ん中にある線一本を鬼門と言います

東北南西を切るこの線一本が鬼門線となります。

この鬼門 裏鬼門を貫く線を、「運線」「気線」ともいいます。

陽と陰の流れが切り替わる、気のぶつかる所です。

「鬼」という字がついているのでちょっと怖い感じがしますが、本当は「鬼門=気門」です。

 

ところでなぜ『気』を『鬼』に置き換えたのでしょう。

鬼門方向、八白土星の方位は「丑 寅」です。

丑のような角があり、虎のような牙がある生き物、これが鬼です。

地球上の動物は角はあるけど牙はない。逆に牙はあるけど角はない。

この両方がある生き物が「鬼」。実在しない架空の「鬼」が生まれました。

鬼門は、気門=生門=貴門です。

鬼ではないので大丈夫。怖くありませんよ。

 



住宅や事業所の家相・社相診断

お申し込み・お問い合せはこちら

方位が入った図面をご用意ください。(簡易診断は手書きでもOK)

ご家族全員の生年月日、家族構成などをお聞きし、九星気学風水・易・干支・十二支により鑑定いたします。